本文へスキップ

もし独りで悩んでいるなら、いつでもおいで〜

活動報告report

男性保育者〜その実践と資料 No.5〜

活動報告写真

2011年11月に発行された「男性保育者〜その実践と資料 No.5〜」は、東京男保連が編集部として編纂しました。
全国津々浦々から届いた数々の実践例が詰まった書籍は、
他では絶対に手に入りません。

目次
・男性保育者の歴史と男性保育者連絡会のあゆみ
・男性保育者年表
・各地域の現状
・世代を超えて
・様々な観点から
・楽曲
・男性保育者の保育実践
・一芸の活かし方

定価800円(郵送の場合は別途送料をいただきます)

「実践集購入希望」と題して、下記の項目をご記入の上、mail@wakatake-kanae.comまでメールを送信ください。
・お名前
・ご住所(送付先)
・注文数(10冊以上のご注文は送料サービス)


スポーツ交流会

毎年9月の恒例イベントは、群馬男性保育者連絡会との共催で、1泊2日の野球大会を開催しています。
ここ数年は、群馬県高山村のコテージに宿泊し、近くの野球場を借りる形で進めています。
初日昼に現地集合。午後は、男性保育者の地位の向上に尽力された故広田泰行氏を冠した「広田カップ争奪野球大会」を行います。東京男保連vs群馬男保連の熱い戦いが毎年繰り広げられています。
初日の夜はコテージでの交流会。ここから参加する人も毎年数名いるように、最大の目的は交流なので、野球が未経験でもまったく問題ありません。
2日目午前中はまた野球ですが、初日とは違い、東京、群馬の混合チームにして楽しんでいます。翌日の勤務に支障がないように昼には解散し、温泉に入って帰路につきます。

第4回広田杯争奪野球大会(2012/9/16)の様子はこちら


東京集会

年1度の「総会」の開催に合わせて、学習会や報告会、そして親睦会を行っています。
総会では、事業報告、会計報告、事業計画など真面目な話を(少しだけ)して、代表と事務局長を選任します。
学習会や報告会などの内容は毎年異なりますが、今年度はバルーンアートの初級講座を行いました。当日の様子はこちら
最後に夜の親睦会。くだらない話もたくさんしますが、諸先輩方からいろいろと話を伺うことができる絶好の機会となっています。


被災地の保育所訪問

活動報告写真

2011年3月11日の東日本大震災を受けて、東京男保連世話人会では、宮城県の七ヶ浜町への訪問活動を行っています。
世話人も本業をこなしながらですので頻繁には行えませんし、毎回メンバーは少しずつ異なるのですが、物見遊山ではなく、繰り返し継続し、その時期毎に自分たちにできることを模索しています。
現地の保育所を訪問して、玩具を持ち込んで遊んだり、夏祭りに参加したり、遊び歌ライブを披露したりしながら、復興への道のりを一緒に歩んでいこうと考えています。
平成25年1月28日の第5回訪問の様子はこちら